岩手県盛岡市【パソコンサポート】【レンタルサーバ】のinfoEXE
カテゴリー
Translate

その他

システムメンテナンスツール「CCleaner」が改竄の被害、ユーザー情報を外部送信

 英Piriform Limitedは18日(現地時間、以下同)、同社が公開しているシステムメンテナンスツール「CCleaner」および「CCleaner Cloud」が改竄の被害に遭っていたことを明らかにした。改竄されたツールを利用すると、ユーザー情報の一部が外部サーバーに送信されてしまうという。

詳しくは窓の杜

出典:impress

Amazonをかたり「アカウントのロックを解除する」、フィッシングメールに注意

 Amazonをかたるフィッシングメールが出回っているとして、フィッシング対策協議会は21日、緊急情報を出した。誘導先のフィッシングサイトは同日10時30分現在も稼動中だとしており、アカウント情報(メールアドレス、パスワードなど)を絶対に入力しないよう注意を呼び掛けている。

詳しくはこちら

出典:impress

「セゾンNetアンサー」「MUFGカード」をかたるフィッシングメールが出回る、フィッシング対策協議会が注意喚起

 「セゾンNetアンサー」と「MUFGカード」をかたるフィッシングメールが出回っているとして、フィッシング対策協議会が15日、相次いで注意を促す緊急情報を出した。それぞれの誘導先となるフィッシングサイトは同日13時30分現在、すでに停止が確認されているが、類似のフィッシングサイトが公開される恐れがあるとして、注意を呼び掛けている。

 セゾンNetアンサーをかたるフィッシングメールは、件名が「【重要:必ずお読みください】セゾンNetアンサーご登録確認<日付または時刻>」。MUFGカードをかたるフィッシングメールは、件名が【重要:必ずお読みください】」。いずれも本文では、第三者によるアクセスを確認したために顧客の登録IDを暫定的に変更したとして、顧客に対して任意のIDを再登録するよう求めるもの。

詳しくはこちら

出典:impress

Windowsを狙うランサムウェア「WannaCrypt」が世界で猛威 〜XPにもパッチが特例で提供

 米Microsoft Corporationは12日(現地時間)、ランサムウェア「WannaCrypt」の攻撃が活発化したことを受け、その情報と対策をまとめた顧客向けのガイダンスを公式ブログ“MSRC”で公表した。すでにサポートが終了しているWindows XP、Windows 8、およびWindows Server 2003向けのセキュリティ更新プログラムも、特例として提供されている。

詳しくはこちら

出典:impress

1.不審なメールの添付ファイルの開封やリンクへのアクセスをしない

2.脆弱性の解消 – 修正プログラムの適用

3.ウイルス対策ソフトの定義ファイルを更新する

マイクロソフトを語る偽警告がWebページ閲覧中に表示される事例 ~マイクロソフトが注意喚起

 日本マイクロソフト(株)は26日、Webページの閲覧中にマイクロソフトを語る偽の警告画面が表示される事例があることを報告し、注意を呼びかけた。

 同社によると、WebブラウザーでWebページを閲覧していると“マイクロソフトセキュリティアラーム・support.microsoft.com”を名乗る偽の警告画面が表示され、Webブラウザーを閉じるなどの操作が行えなくなるという。警告画面には、セキュリティ対策のために特定の番号に電話するよう案内が記載されているとのこと。

詳細はimpress

出典:impress

セキュリティソフトを乗っ取るDoubleAgent攻撃、トレンドマイクロなどが対策を実施

 トレンドマイクロ(株)は23日、統合セキュリティソフト「ウイルスバスター クラウド バージョン11」向けの修正モジュールを公開した。“DoubleAgent”と呼ばれる脆弱性(CVE-2017-5565)への対策を行うもので、現在、同社のサポートページから無償でダウンロード可能。自動アップデート機能を介した配信も行われる予定だという。

詳しくはimpress

出典:Impress

Windows Vistaの延長サポート終了まで約1カ月を切る

 「Windows Vista Service Pack 2」の延長サポート期間が終了する4月11日まで、残り約1カ月を切った。

 Windowsの延長サポート期間が終了すると、脆弱性が発見されても修正プログラムが提供されなくなる。このため、利用者は速やかにOSを移行する必要がある。オフラインで利用すれば危険性はないと考えられているが、使用環境によっては、ほかのメディアなどを介してマルウェアに感染してしまう場合もあり、注意が必要となることには変わりがない。なお、Google ChromeやFirefoxなどのウェブブラウザーや、Acrobatなどのアプリは、すでにWindows Vistaのサポートを打ち切っている。

 Windows Vistaは、販売からすでに10年以上経過している。このため、PC環境の移行にあたっては、CPUやメモリなどのスペック面を鑑みても、OSだけを入れ替えるよりマシンごと買い換える方が現実的と言えるだろう。

出典:impress

「OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています」、Microsoftをかたるフィッシングメールが出回る

 Microsoftをかたるフィッシングメールが出回っている。誘導先となっている偽サイトは1月12日正午現在も稼働中であることを編集部で確認しており、Microsoftアカウントのメールアドレス、パスワードなどを絶対に入力しないよう注意してほしい。

 現時点で編集部で確認しているフィッシングメールの送信先メールアドレスは「support@microsoft-securityprotection-support.com」で、件名は「ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。」というもので、本文では、Officeのプロダクトキーが不正コピーされ、攻撃者がオフィスソフトの起動を試みているとして、Microsoft Officeのウェブサイトのデザインを模した偽サイトへ誘導する。

出典impress