岩手県盛岡市【パソコン訪問サポート】【ウェブホスティング】のinfoEXE
カテゴリー
Translate

その他

次期Windowsは「10」

Microsoftが次期Windowsのプレビューを発表した。

次期Windowsはまさかの「9」飛ばしの【Windows10】となる。

発売は来年2015年中旬以降とのこと。まっ1年後ということですね。

Windows 10 Technical Preview版がまもなくダウンロード可能になるようです。↓

1

InternetExplorerの脆弱性 回避策公開

4/28 「InternetExplorerの脆弱性によりリモートコードが実行される」に対して、マイクロソフトより回避策が発表されました。

マイクロソフトへ

早急な対策として別なブラウザ(GoogleChrome、Firefoxなど)を使えばいいでしょう。

早いうちにパッチが提供されればいいですね。

2014/05/02 緊急アップデートが公開されました。→Microsoft Update

WindowsXP サポート終了

日本時間2014年4月9日、XPのサポートが終了いたしました。

(以下Microsoftから抜粋)
Windows XP のサポートとセキュリティ更新プログラム等の提供が終了しています。2014 年 4 月 8 日(米国時間)以降、このセキュリティ更新をせず PC を利用し続けることは、PC の脆弱性を解決しないままで使用し続けることになり、セキュリティ上、危険な状態になります。最新環境への移行をご検討ください。

XP-end

マイクロソフト XP→8,8.1のデータ移行ツール提供開始

日本マイクロソフト株式会社は24日、Windows XPからの移行支援策として、データと設定の移行が行えるソフト「ファイナルパソコンデータ引越し eXPress」の無料ダウンロード提供を開始した。

マイクロソフトでは、4月9日にサポート終了となるWindows XPからの移行を支援するため、Windows XP搭載のPCに保存されているデータや設定をWindows 8.1/8搭載PCに移行するためのツール「ファイナルパソコンデータ引越し eXPress」を期間限定で無償提供する。

利用方法については、マイクロソフトの電話サポート窓口で個人利用者に対してのサポートも提供する。データの移行はネットワーク経由のほか、LANクロスケーブルや専用USBリンクケーブルを使って行える。

ソフトの利用は、移行元のOSがWindows XP、移行先のOSがWindows 8.1/8搭載PCに限定される。使用期限は2014年7月31日まで。

移行支援ツールダウンロードページ
http://www.microsoft.com/windows/ja-jp/xp/transfer-your-data.aspx

InternetWatchより)

「Baidu IME」「Simeji」が変換文字列を無断で送信、NISCが省庁に注意喚起

バイドゥ株式会社が提供しているWindows向け日本語入力システム「Baidu IME」およびAndroid向け日本語入力システム「Simeji」が、クラウド上のサーバーと連携して変換を行う「クラウド入力」をオフにしている状態でも、入力情報をサーバーに送信しているとして、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)が中央省庁に対して注意喚起を行っていたことがわかった。文部科学省も、国内の大学などに対して注意喚起を行っている。(Internet Watch)

※使用は控えたほうがいいかもしれませんね。

InternetExplorerに脆弱性が見つかる

マイクロソフトは、セキュリティ アドバイザリ 2887505「Internet Explore の脆弱性により、リモートでコードが実行される」を公開しました。

このアドバイザリは、サポートされているすべてのバージョンの Internet Explorerにおいて確認されている脆弱性の説明、および脆弱性から保護するための緩和策と回避策を提供しています。この脆弱性が悪用された場合、ユーザーが悪意のある WEB サイトを訪問した際に、リモートでコードが実行される可能性があります。

この脆弱性の悪用報告は、現在のところInternet Explorer 8 および Internet Explorer 9を対象とした標的型攻撃であり限定的ですが、アドバイザリに記載の製品をご使用のお客様は、アドバイザリで説明している回避策を実施されることをお勧めします。

(Microsoft TechNetより抜粋)

詳しくはMicrosoft TechNetまで