岩手県盛岡市【パソコン訪問サポート】【ウェブホスティング】のinfoEXE
カテゴリー
Translate

その他

「Windows 10」は今夏リリース

米Microsoftは17日、次期OSの「Windows 10」を、2015年夏に190カ国・111言語でリリースすると発表した。

小型IoTデバイス向けには、Windows 10を無償で提供することも発表。Microsoftでは、Raspberry Pi 2向けにWindows 10を無償で提供することを発表していたが、さらに他のIoTデバイス向けにも、IntelやQualcommなどのパートナーシップを通じて無償バージョンを提供する。

また、Windows 10の対応デバイスとして、モバイル向けSoC「Snapdragon 410」を搭載するQualCommの開発ボード「DragonBoard 410C」を加えたことを発表した。

(InternetWatch)

WindowsUpdateで不具合発生

Windows8のWindowsUpdateでタスクバーが固まる不具合が発生している模様。

どうやら KB3033889 が原因のようです。

Windows7ユーザーであれば KB3033929 に注意が必要。Reboot Loop報告が世界中で多発中。KB3035131 より先に KB3033929 を入れてしまうことが原因か?

※追記

修正ファイルが出たようです。↓
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3048778

次期Windowsは「10」

Microsoftが次期Windowsのプレビューを発表した。

次期Windowsはまさかの「9」飛ばしの【Windows10】となる。

発売は来年2015年中旬以降とのこと。まっ1年後ということですね。

Windows 10 Technical Preview版がまもなくダウンロード可能になるようです。↓

1

InternetExplorerの脆弱性 回避策公開

4/28 「InternetExplorerの脆弱性によりリモートコードが実行される」に対して、マイクロソフトより回避策が発表されました。

マイクロソフトへ

早急な対策として別なブラウザ(GoogleChrome、Firefoxなど)を使えばいいでしょう。

早いうちにパッチが提供されればいいですね。

2014/05/02 緊急アップデートが公開されました。→Microsoft Update

WindowsXP サポート終了

日本時間2014年4月9日、XPのサポートが終了いたしました。

(以下Microsoftから抜粋)
Windows XP のサポートとセキュリティ更新プログラム等の提供が終了しています。2014 年 4 月 8 日(米国時間)以降、このセキュリティ更新をせず PC を利用し続けることは、PC の脆弱性を解決しないままで使用し続けることになり、セキュリティ上、危険な状態になります。最新環境への移行をご検討ください。

XP-end

マイクロソフト XP→8,8.1のデータ移行ツール提供開始

日本マイクロソフト株式会社は24日、Windows XPからの移行支援策として、データと設定の移行が行えるソフト「ファイナルパソコンデータ引越し eXPress」の無料ダウンロード提供を開始した。

マイクロソフトでは、4月9日にサポート終了となるWindows XPからの移行を支援するため、Windows XP搭載のPCに保存されているデータや設定をWindows 8.1/8搭載PCに移行するためのツール「ファイナルパソコンデータ引越し eXPress」を期間限定で無償提供する。

利用方法については、マイクロソフトの電話サポート窓口で個人利用者に対してのサポートも提供する。データの移行はネットワーク経由のほか、LANクロスケーブルや専用USBリンクケーブルを使って行える。

ソフトの利用は、移行元のOSがWindows XP、移行先のOSがWindows 8.1/8搭載PCに限定される。使用期限は2014年7月31日まで。

移行支援ツールダウンロードページ
http://www.microsoft.com/windows/ja-jp/xp/transfer-your-data.aspx

InternetWatchより)

「Baidu IME」「Simeji」が変換文字列を無断で送信、NISCが省庁に注意喚起

バイドゥ株式会社が提供しているWindows向け日本語入力システム「Baidu IME」およびAndroid向け日本語入力システム「Simeji」が、クラウド上のサーバーと連携して変換を行う「クラウド入力」をオフにしている状態でも、入力情報をサーバーに送信しているとして、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)が中央省庁に対して注意喚起を行っていたことがわかった。文部科学省も、国内の大学などに対して注意喚起を行っている。(Internet Watch)

※使用は控えたほうがいいかもしれませんね。